【秘策】まつ毛のカールを持続させたい!家に帰るまで長持ちさせる方法

化粧をするときに見た目の印象を大きく左右するアイメイク。

目を強調したい、大きく見せたい、そんな希望を叶えるためにポイントとなるのがまつ毛。

くるんとカールをした長いまつ毛は見た目の印象大きく変えます。

そのために朝早くから時間をかけて、まつ毛を上げて、マスカラを塗ってばっちりメイクをしたはずなのに仕事終わりにはカールが落ちてしまっているなんてことはありませんか?

せっかく時間をかけたのに、一日持たないのは悔しいことです。

そんな方におすすめの、長時間カールを持続させるためのポイントをお伝えしていきます。

是非参考にしてみてください。

ビューラーのやりすぎはまつ毛自体にダメージを与え、まつ毛が切れやすくなる

日本人のまつげは欧米人と比べて、直毛で下向きであると言われています。

なので、ビューラーは日本人には欠かせない化粧のアイテムです。

実はこのビューラーの使いすぎによってまつ毛自体にダメージを与え、まつ毛を切れやすくしてしまうのです。

ビューラーは取り付けられているゴムとゴムでまつ毛を挟んで、下向きのまつ毛を上に上げるアイテムです。

しかし、より上向きにしたいと思うと、強くまつげを挟んでしまったり、何度も繰り返し挟み続けてしまったりしてしまいがちです。

そのような負担をかけ続けることで、まつ毛が抜けてしまったり、切れやすくなってしまったりしてしまうのです。

マツエクやマスカラによる盛りすぎでまつ毛が切れるのに拍車をかけることになる

まつ毛を長く濃く見せるためにマツエクをしたりマスカラを塗ったりします。

実はマツエクやマスカラもまつ毛が切れるのに拍車をかけることとなるのです。

まずはマツエクですが、マツエクはまつ毛自体に人工のまつ毛を専用の接着剤でつけて、まつ毛を濃く見せたり長く見せたりするものです。

付け方によっては思い通りのまつ毛を演出することができますが、まつ毛にかなりの負担があるのです。

まずは専用の接着剤です。

この接着剤は瞬間接着剤のようなものです。

これをまつげに直接つけるのですから自まつげへの刺激になってしまうは当然です。

また、マツエクを付け直す際に一度落としから、付け直すという方多いかと思います。

実はこの落とす際の液剤もかなり刺激の強いものなのです。

なぜなら瞬間接着剤でつけたもの溶かして落とすものですから、まつ毛自体も傷つけてしまうのです。

また、つけている間も様々な理由でまつげを痛めてしまいます。

エクステのついている状態で目を擦ったり引っ張ったりすることでまつ毛自体を傷つけ、弱めてしまいます。

それだけではなく、マツエクをすると目元のクレンジングがおろそかになってしまうケースがあります。

長く持たせたいがためにクレンジングを丁寧にしないと、自まつげに汚れが残ったままになります。

また、まつげの毛穴の汚れも残ってしまうので自まつげが健康に育たなくなってしまうのです。

その結果、まつ毛を弱めてしまい、まつ毛自体が切れてしまうということになってしますのです。

マツエクがそこまでよくないなら、マスカラを重ね塗りして、長く見せればいいのではないかと思うかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。

実はマスカラに入っている化学物質もまつ毛自体に刺激を与えてしまうのです。

なので毎日大量にまつ毛にマスカラを塗り続けることで、まつ毛を弱らせてしまうのです。

切れやすくなったまつ毛は様々な事が原因で切れてしまう

様々な要因で切れやすくなったまつ毛は、ちょっとしたことが原因で切れてしまいます。

ビューラーで挟んだときや、目を擦った時、クレンジングをする時、うつ伏せで寝てしまったとき等、ふとした事でついついやってしまうようなことで、まつ毛は切れてしまうのです。

花粉症による目の擦りすぎでまつ毛が切れる

擦ることでまつ毛が切れてしまうと言いましたが、花粉症の方はより注意が必要です。

花粉症になると目がかゆくなるという方がほとんどでしょう。

擦るのはよくないとわかっていても、寝ている間や意識してないうちに目を強く擦ってしまうなんてことは多々あると思います。

なので花粉症の時期になるとまつ毛が短く感じるなんて方は意外と多いのではないでしょうか?

クレンジング時のメイク残りでまつ毛が弱る

毎日化粧をするとクレンジングは欠かせない作業の一つです。

このクレンジング時のメイク残りがまつ毛の弱る原因となるのです。

原因としては大きく分けると2つです。

まつ毛につけたマスカラの落とし残し

前述したように、マスカラには化学物質が含まれています。

しっかり落とさずまつ毛に残ったままになってしまうとまつげ自体を弱らせる原因となってしまいます。

アイラインやアイシャドウ、ファンデーションの落とし残し

目の際にはまつ毛が生えるための毛穴が存在しています。

この毛穴に化粧の落とし残しが残ったままになってしまうと、まつげに栄養がしっかり行き渡りにくくなってしまい、健康なまつ毛が生えにくくなってしまうのです。

不健康に育ったまつ毛はちょっとした刺激で切れやすく、まつげが切れてしまう原因となってしまうのです。

自まつ毛を切れにくくするための対処法はまつ毛美容液がおすすめ

マスカラもエクステもできないなら、化粧をしないしかないのではないかと思ってしまいますよね。

それがまつ毛を痛めないためには一番かもしれませんが、そんなわけにはいきませんよね。

だったら、化粧をしながらも、切れにくいまつ毛になるようにしていけばいいのです。

まつ毛自体が弱ってしまうことで、まつ毛が切れてしまうのであれば、まつ毛を丈夫にしていけばいいのです。

まつ毛が切れるのをを防ぐだけでなく、化粧の時間の短縮にもなります。

マスカラを塗るのはまつ毛を濃く、長く見せるためです。

そのために何度も重ね塗りし、より長く見せることのできる化学繊維含まれたマスカラを使います。

自分のまつ毛が長く、濃くなれば、希望の濃さや長さにするまでのマスカラの量やかける時間も少なくすることができます。

よって、マスカラの影響も最小限にすることができます。

そんな丈夫なまつ毛を作るためにおすすめなのが、まつ毛美容液です。

まつ毛美容液は丈夫なまつ毛を生えさせるために必要な成分が配合されています。

この美容液を朝晩、目の際、まつ毛に塗ることで、丈夫なまつ毛が生えてくるようになるのです。

日々のちょっとしたケア一つで健康なまつげが生えてくるのです。

そうすることで、長くてくるんとしたまつ毛を長時間持たせることにもつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です